メインコンテンツまでスキップ

KurocoEdgeにおけるシステム制約

影響が大きい可能性があるもの

  • 適用したいドメインの所有者である必要がある
  • アクセス元のIPアドレスがX-forwarded-forに設定される
  • レスポンスのタイムアウトが最大60秒
  • KurocoEdgeからのレスポンスは常にUTF-8(バックエンドサーバからのレスポンスが別のエンコードでもUTF-8に変換される)
  • 原則、HTTPSが利用される。HTTPでのリクエストはHTTPSでのリクエストにリダイレクトされる
  • HTMLが壊れている場合には、CSSセレクタが正常に動作しない場合があります

対応方法一覧

問題影響対応方法
適用ドメインのDNSレコードを変更できないKurocoEdgeを適用できない利用不可
バックエンドサーバでIP制限をしているバックエンドサーバに対してKurocoEdgeのIPアドレスからアクセスが来るX-forwarded-forを利用する・KurocoEdgeでIPアドレス制限をする
レスポンスに60秒以上かかるページがあるレスポンスがタイムアウトでエラーになるそのページはKurocoEdgeを利用しないドメインで処理する
SJISやEUC-JPでページが表示されているUTF-8でエンコードされたページが表示されるKurocoEdgeでHTML内のエンコードの記述を変換する
HTTPのみで動作しているページがあるHTTPSにリダイレクトされるが正常に表示されない該当ページは利用不可
HTMLが壊れているページがあるCSSセレクタが正常に動作しないテキスト置換などで代用する

影響がある可能性があるもの

  • png/jpg/jpeg/gifの拡張子のファイルでキャッシュが有効に設定されている場合で、webpが利用できるクライアントへのレスポンスは自動的にwebpに変換される
  • png/jpg/jpeg/gifの拡張子のファイルでキャッシュが有効に設定されている場合で、画像自動変換用のパラメータが自動的に有効になる
  • TLS1.2/TLS1.3のみが利用可能
  • ルールでキャッシュの設定をしない場合には、レスポンスヘッダーにcache-control: private, no-storeが自動的にセットされる
  • 下記の場合は自動的にgzip/Brotli圧縮されたレスポンスが適用される
  • Fastlyの他のサービスと併用する場合には、Service chainingが適用されますが、Loop detectionなどでエラーになる場合があります。問題が発生した場合にはサポートまでご連絡ください。
ファイルの拡張子:  
css js html eot ico otf ttf json svg

コンテンツタイプ:
text/html application/x-javascript text/css application/javascript text/javascript application/json application/vnd.ms-fontobject application/x-font-opentype application/x-font-truetype application/x-font-ttf application/xml font/eot font/opentype font/otf image/svg+xml image/vnd.microsoft.icon text/plain text/xml
  • 以下のバックエンドサーバからのレスポンスヘッダーは、以下のように自動的に変換される。ただし、ルールで再セットすることは可能。
元のヘッダー名変換後のヘッダー名説明
x-cache-hitsx-kuroco-backend-x-cache-hitsキャッシュにヒットした回数
x-cachex-kuroco-backend-x-cacheキャッシュにヒットしたかどうかなど
last-modifiedx-kuroco-backend-last-modifiedコンテンツの最終更新日時
agex-kuroco-backend-ageキャッシュの生存期間(秒)
cache-controlx-kuroco-backend-cache-controlキャッシュの有効期間などの設定
etagx-kuroco-backend-etagコンテンツを識別する識別子

サポート

お探しのページは見つかりましたか?解決しない場合は、問い合わせフォームからお問い合わせいただくか、Discordコミュニティにご参加ください。